命名規約例集

命名規約を読み解く上では,例の有無が極めて重要であることを鑑みて,勉強会で実際に挙がった例や,独自に考え出した例などを載せました.ご指摘などございましたらこちらまでお願いします.

条67.10

Aus ausをタイプ種に持つAusとBus busをタイプ種に持つBusが統合されてAusになった場合,Aus ausがBusのタイプ種になるわけではない.

 

条67.11

Ausに種a, b, c, xが含まれ,後にBusに種p, q, r, xが含まれ,Ausのタイプ種はxで固定され,Busのタイプ種は未固定だったとする.この時,「知らずに」種xをBusのタイプ種に指定した場合,その行為でAusは客観シノニムとなる.

 

条67.13.

67.13.2.

1. Aus xus AuthorY non AuthorXを,後世にAuthorZがAus xus AuthorY non AuthorXをタイプ種として後指定した場合,指定されたことになる種はAus xus AuthorXではなく,Aus xus AuthorY non AuthorXである.

 

2. AuthorWの示した名義種の中に,Aus xus AuthorXが含まれているとする.後にAuthorZがAuthorWの記載を調べ,その種はAus xus AuthorXでなく,Aus xus sensu AuthorWなどと引用し,タイプ種として固定した場合,指定されたことになる種はAus xus sensu AuthorWである.

 

条70.3

例えば,Aus busをタイプ種としたが,その実体がAus cusであった場合,Aus busをタイプ種として選ぶ(条70.3.1)か;Aus cusとAus busの両方を引用した上でAus cusを選ぶことができる(条70.3.2).